[2021年9月] 20代の社会人が「あっ!命の授業」を読んでみた感想とは?

スポンサーリンク

こんにちは、tenchanです。

この書籍を手に取ったきっかけから読み終えた感想までを書いています。

この本に興味を持っていたいただけたら嬉しいです!

本について

タイトル:あっ! 命の授業

著者:ゴルゴ松本

本書は五時間目と課外授業から構成されています。

一時間目 「始まりは愛」の授業
二時間目 「日本がスゴイ!」の授業
三時間目 「心配ない、大丈夫だ!」の授業
四時間目 「夢は叶う」の授業
五時間目 「命」の授業
課外授業 「神様の言うとおり」の授業

きっかけ

  • 芸人のゴルゴ松本さんが書いた本が単純に気になったから。
  • 命の授業というタイトルが印象的だったから。
  • パラパラとめくった時に、漢字の解釈の仕方がおもしろいと感じたから。

学んだこと

「心を亡くす」と書いて忘れる

ここの文章を見て、言葉通りだと思いました。

忙しくなり、興味・関心が湧かなくなると物事について考える機会がなくなり、「心を亡くす」

興味があることであれば、いつまでも覚えていられる。

今まで覚えていたものを忘れるのは自分が常に考えなくなっただけなのかもしれない。

たまには、自分を振り返る時間が必要なのだろう。

忘れることは悪いことのように考える人が多いが、大切な能力だと思う。

自分の大事な記憶を忘れないでいようね!

ギャグ「命」!

ゴルゴ松本さんのギャグ「命」は秩父の山を見ている時に閃いたそうです。

身の回りのものにはヒントが多く隠されているのかもしれません。

感性を豊かにして身の回りのものを感じてみよう。

携帯を触っている人を見ると、周りの景色がきれいなのにもったいないなと思うことがある。

楽しい風景は画面の外に広がっているのだと私は思う。

「吐」→「叶」にしよう!

「吐」は「口」と「+」(プラス)と「-」(マイナス)に分解することができます。

「-」を消すと「叶」になります

ということは「口」に出して「+」のことを言い続けると「叶」うそうです!

反対に「-」のことを言うと「叶」いません。

言葉通りだと思います。

ポジティブな「+」の気持ちを大切にして夢を「叶」えていきましょう!

感想

漢字の意味について考えさせられました。

漢字そのものの意味だけでなく、成り立ちや解釈の仕方を変えるとこうも面白くなるのだと知りました。

とても読みやすく、ゴルゴ松本さんの考え方に触れることができます!

まとめの一言

「命」!

最後まで読んでくれて、ありがとうございます!

コメント

タイトルとURLをコピーしました