[2021年9月] 20代の社会人が「いつやるか?今でしょ!」を読んでみた感想とは?

スポンサーリンク

こんにちは、tenchanです。

この書籍を手に取ったきっかけから読み終えた感想までを書いています。

この本に興味を持っていたいただけたら嬉しいです!

本について

タイトル:いつやるか? 今でしょ!

著者:林 修

本書は第6章で構成されています。

第1章 今すぐやるべき基本の習慣―できる人の「普通」を今日から取り込む
第2章 今すぐやめるべき無駄な行動―自分を見直す絶好のタイミングは今!
第3章 逆算の哲学―ゴールを見極め、そこからの引き算を考える
第4章 権威トレンドをとらえろ―正しいことを言っても伝わらないのはなぜ?
第5章 自分の判断基準を一度リセット―できないことはできる人に任せる
第6章 流れをとらえる眼を備える―僕自身の人生を振り返りながら

きっかけ

  • テレビで活躍されている林修先生の本を読んでみたいと思ったから。
  • 「いつやるか?今でしょ!」というタイトルに興味を持ったから。
  • パラパラとめくった時に、読みやすそうだと感じたから。

学んだこと

「対比」をうまく使いこなそう!

「対比」うまく利用すると、交渉に成功しやすくなります。

この本では、「対比」の2つのポイントが書かれています。

1つ目は、『自分が何かを主張する時に、相手を説得しやすい「対比」材料を選ぶこと』、

2つ目は、『相手が「対比」を用いて説明している際には、その対比の都合の良さを攻撃すること』です。

この2つのポイントを使いこなすことで、

要求を満たしたり、防いだりできるようになります。

普段の生活の中で「対比」を使おうと思って使うことがないので、

自然にやっているのがおもしろいなと思いました。

自分の「利き顔」を意識しよう!

みなさんは効き顔を持っていますか?

人には「利き手」同様に「利き顔」があり、より魅力的なサイドとそうでないサイドがあるそうです。

「利き顔」という言葉を初めて知りました。

「利き顔」の調べ方は、

目が大きく、表情が豊かなサイドが「利き顔」と書かれています。

自分も実際、鏡で確認してみたところ、

若干ですが左サイドの方が豊かに見えました。

みなさんも一度試してみてくださいね!

意志の強さに比例

どれだけ先の自分から逆算するべきかは、意志の強さに比例すると書かれています。

みなさんは、どれくらい先の将来から逆算して今の生活を考えることができますか?

どれだけ将来の自分になりたいと思えるか、

どういう自分が将来輝けるのか考えることが大切だと思いました。

この本では、5年後を例に書かれています。

私のブログは5年後どうなっているのでしょうか?

続いているのかいないのか、

読書ブログを続けているのか他のブログを書いているのか、

将来なりたい自分の意志で決まりますね。

感想

林修先生の実体験を踏まえながら書かれているので、イメージしやすく内容が入りやすいと思います。

他にも、「権威トレンド」や「3文字変えたら人生が変わる」など、気になる内容が盛りだくさんでした。

先生目線での、苦労話は自分が体験することはないことなので、おもしろかったです。

まとめの一言

今からやろう!

最後まで読んでくれて、ありがとうございます!

コメント

タイトルとURLをコピーしました