[2021年8月] 読書ブログ:20代の社会人が「松岡修造の人生を強く生きる83の言葉」を読んでみた感想とは?

スポンサーリンク

こんにちは、tenchanです。

この書籍を手に取ったきっかけから読み終えた感想までを書いています。

この本に興味を持っていたいただけたら嬉しいです!

本について

タイトル:松岡修造の人生を強く生きる83の言葉

著者:松岡 修造

きっかけ

  • 松岡修造さんのポジティブな気持ちに触れ、パワーをもらいたかったから!
  • 松岡修造さんが普段の生活の中で行っていることを、自分の生活にも取り入れたいなと思ったから。
  • パラパラとめくった時に、読みやすそうだと感じたから。

学んだこと

緊張するほど、自分は本気

自分の人生で緊張した場面を振り返ってみました。

全校生徒の前で発表するときが一番緊張しましたね。

みんながこっちを見てるから失敗しないか不安でした。

今思えば、成功や失敗を考えるから緊張していたのだと思います。

成功させたい、練習してきたことを精一杯伝えたいとあの頃は本気で取り組んでいたのだなと分かり、ホッとしました。

大学時代では、握手会でアイドルと握手するときにすごく緊張しました。

握手するまでに3時間ほど並び、一言伝えてはがされる。

一言をこんなに本気で考えることはこれから先無いんじゃないかと思っています。

みなさんが一番緊張した場面は何ですか?

心の中で「ストップ」

松岡修造さんはネガティブ思考になると、心の中で「ストップ」と言うそうです。

それも100回以上!

ポジティブな人でもネガティブ思考になることが少なくとも100回以上あるなんて本を読むまで知りませんでした。

ポジティブな人は、努力によってポジティブを獲得していったのだと思いました。

心の中をいかにコントロールできるかがカギとなりそうですね!

これからはネガティブ思考になったら、「ストップ」を使っていきます!

失敗したら「ガッツポーズ」

失敗しても新しい自分に出会えたと思ったら「ガッツポーズ」をすることで前向きな気持ちになり、失敗に対する不安が減っていくと書かれています。

よくスポーツ選手が得点を決めた際に「ガッツポーズ」をしていますが、失敗したときに「ガッツポーズ」する姿は普段見られないので、おもしろいと思いました。

両者が「ガッツポーズ」していたらどっちが勝っているのか分からなくなりそうだなぁ。

でも、とてもいい雰囲気になってどちらも応援したいと思うかもしれない。

めちゃくちゃ楽しそうな状況が頭の中に浮かびました。

感想

読みながらどんどんポジティブになるとともに、松岡修造さんのことを知ることができました。

「ストップ」など、自分にもできそうなことが多くあったので試してみたいと思います。

ポジティブになりたい方は、この本を読むと近づけると私は思います。

まとめの一言

自分を信じて前に進もう!

最後まで読んでくれて、ありがとうございます!

コメント

タイトルとURLをコピーしました