[2021年8月] 読書ブログ:20代の社会人が「天才の証明」を読んでみた感想とは?

スポンサーリンク

こんにちは、tenchanです。

この書籍を手に取ったきっかけから読み終えた感想までを書いています。

この本に興味を持っていたいただけたら嬉しいです!

本について

タイトル:天才の証明

著者:中田 敦彦

きっかけ

  • 活躍されている中田敦彦さんの本が気になったから。
  • 天才についてどんなことを語っているのか気になったから。
  • 実体験をもとに書かれているので、分かりやすそうだったから。

学んだこと

長所は伸ばす、短所は無視する

まず、この「長所は伸ばす、短所は無視する」という言葉を見て長所は分かるけど、短所は無視すると言い切るんだ!と思いました。

どうしてその考え方になったのかが経験をもとに書かれています。

短所は誰もが持っており、私は気になってしまいます。

英語ができなかったのが、学生時代の悩みでした。

しかし、数学が当時好きだったので、そちらは全然苦に思いませんでした。

自分がとっつきやすいところからやると伸ばしやすそうです。

長所を伸ばしていこう!

自分のことは他人しか分からない

この言葉を見た時も驚きました!

自分のことは自分がよく知っていると思っていたからです。

自分では当たり前でも他人からすれば新鮮なことがあるということを知りました。

この考え方は非常におもしろい!!

自分のことを客観的にみるには限界があるので、直接他人に言われると考えつかなかったことを言われて、「なるほど!」思います。

コミュニケーション好きの方は、どんどんいろんな人と話すと自分のことが分かってくるかもしれません。

海外に行くともっと分かりやすいかもだけど、日本人同士でもやっぱり起こるみたいだね!

武士からジェントルマンへ

相手のためにどんな服装や身だしなみをすればよいのか考えるようになったと書かれており、私自身も気を付けないといけないと感じました。

自分が好きな格好をするのは、相手にとって不快に思われないか。

テレビの前に立つ方は、特に気をつけないといけないところなんだと改めて知りました。

私は服装は特に分からないので、これは1から勉強しないといけないかもしれませんね。

トホホ…。

感想

中田敦彦さんの芸能生活の中で気づいたことがたくさん書かれていたので、おもしろいなぁと思いながら読み終えました。

実体験から書かれているので、どうしてそう思ったのかが想像しやすいので非常に読みやすかったです。

気になる方は、一度読んでみてください!

まとめの一言

思い込みすぎないようにしよう!

最後まで読んでくれて、ありがとうございます!

コメント

タイトルとURLをコピーしました