[2021年7月] 読書ブログ:20代の社会人が『「ポジティブ脳」の使い方』を読んでみた感想とは?

スポンサーリンク

こんにちは、tenchanです。

この書籍を手に取ったきっかけから読み終えた感想までを書いています。

この本に興味を持っていたいただけたら嬉しいです!

本書の構成

タイトル:もっと結果を出せる人になる! 「ポジティブ脳」のつかい方

著者:茂木 健一郎

本書は第五章で構成されています。

第一章:ポジティブ思考には「ホンモノ」と「ニセモノ」がある
第二章:「好き」を見つけて、ストレスに負けない「ポジティブ脳」に!
第三章:弱点を長所に!「発想の転換」で脳を味方につけよう
第四章:「倫理」のチカラで、悩みは消える!
第五章:「ポジティブ脳」で人生をラクに、楽しく生きる!

きっかけ

  • 茂木健一郎さんの本を読んでみたかったから。
  • ポジティブ脳にするにはどうすればよいのか気になったから。
  • 本書をパラパラ見た時に、読みやすそうだと感じたから。

学んだこと

会社の数だけ「普通」がある

会社での「普通」は他の会社では「普通」でないかもしれないという内容を見て視野が狭くなっている自分に気づきました。

「普通」とは何だろうと考えたらきりがないですが、小さい頃に何回か考えたことがあります。

私の就寝時間は家族みな同じでしたが、他の過程ではバラバラだったり時刻が深夜を超えていたりさまざまでした。

「普通」というものは、他人と価値観を共有しないと気づくことがないのかもしれません。

どうしても、会社などに勤めると周りの仕事事情と比較する時間がなくなり、今の生活が「普通」だと思うようになります。

当たり前を疑うと心が楽になる感じがしました。

皆さんにとっての「普通」はどのようなものでしょうか?

「ホンモノ・ポジティブ」と「ニセモノ・ポジティブ」

私はブログを書く前は「ニセモノ・ポジティブ」でしたが、思いついたことをやってみたいと行動に移すことで「ホンモノ・ポジティブ」になれたと思います。

ブログを始めたのも、

周りの視線は気になるけれども自分のペースで挑戦したい!

やってみてできなかったら考えよう!

という気持ちで始めました。

好奇心が強くなければ、ブログいいなぁ!で終わっていたことでしょう。

行動に移せるようになったことが一番の成長だと感じています。

うまくかけているかどうかは分かりませんが工夫しながら頑張っていこうと思います!

「ポジティブ」を「ニセモノ」と「ホンモノ」という視点で考えることがなかったので、新たな発見でした!

脳内コスプレ

「脳内コスプレ」という言葉がまず面白いと思いました!

外見であるコスプレは目に見えて分かりやすいですが、「脳内コスプレ」は目には見えず本人しか分からないのでハードルが低いと思います。

しかし、周りには気づかれないので意識してやる必要がありそうです。

コスプレは衣装や化粧などの外見でなくてもできるんだね!

また、自分の状況に応じて自分の表現を変える、まさに俳優のような視点を試してみたいなと強く思いました。

俳優さんはみんな「脳内コスプレ」が上手なのかもしれません。

感想

この本はほかの本よりも読みやすいと感じたので、読書が苦手な方にもおすすめです。

日常生活の中で応用できそうな内容がいくつもあるので、実践もしやすいと思います。

ポジティブ脳について触れることができ、とても勉強になりました。

まとめの一言

「ホンモノ・ポジティブ」を目指そう!

最後まで読んでくれて、ありがとうございます!

コメント

タイトルとURLをコピーしました